毛はえ薬のつけすぎによる副作用の危険性

毛はえ薬のつけすぎに注意!副作用の危険性を知りましょう

「大変だ!毛の生え際が頭頂部に来ている。毛はえ薬をタップリ使って、発毛しなくては・・・!」

薄毛や抜け毛が酷い方や禿げで悩んでおられ方にとって頭髪は、大変、気懸かりであ、切実な問題です。しかし、発毛効果を早く得たいためにつけすぎる方。「待った!」毛はえ薬には発毛効果と副作用があります。毛はえ薬の中には、頭皮に塗布するタイプや飲用するタイプの2種類がありますが、今回は、頭皮に塗布するタイプの効果と副作用についてご説明します。毛はえ薬は、頭皮にタップリ塗布するようにつけすぎても、即効性は期待できません。発毛効果より、つけすぎによる副作用のリスクが増すことの方が、問題となってきます。つけすぎの副作用としては、主に「つけすぎによる頭皮の皮膚へのダメージ」、「つけすぎによる臓器への影響」の2つが挙げられます。

【頭皮の皮膚へのダメージ】
① 頭皮の異常な乾燥
② 頭皮のかゆみ等のアレルギー反応
③ 頭皮が赤く腫れる等のアレルギー反応
④ 皮膚の痛み(ヒリヒリ感)

【臓器への影響】
① 主成分による臓器への影響
・肝臓や循環器系臓器他

塗布するタイプ以外の飲用するタイプでは、主成分によっては生殖機能や生殖器へ悪影響を与えるものもあります。結論としては、つけすぎにより発毛が遅れることはないものの、つけすぎによる「育毛剤の無駄」、「副作用の危険性が増す」というデメリットばかりということになり兼ねません。発毛で大切なのは、正しい理解の下での「早めの頭髪ケヤ」と「自分に合った発毛剤選びと使い方」の2つです。どうでしたか?知っておけば発毛ケアで焦ることナシ!毛はえ薬の副作用の危険性を知り、早めの発毛ケアに取り組みましょう。