市販の育毛剤と病院で処方される薄毛治療薬

市販の育毛剤と医療機関で処方してもらう薄毛治療薬

最近、医療機関で薄毛治療ができる、というテレビコマーシャルをよく見かけます。髪が薄くなったらあきらめるか、かつらを検討する、というのではなく、薬で毛を増やせる時代になったのだなと感じます。

薄毛が気になりだしたら、まずは市販の育毛剤で頭皮をケアしてみるのが一般的ですが、そういった育毛剤と、医療機関で処方してもらう薄毛治療薬にはどのような違いがあるのでしょうか。

たとえば、血行をよくして毛髪の育成を促す効果があると言われているミノキシジル。これは市販の塗る育毛剤によく配合されている成分です。店頭で簡単に手に入りますが、頭皮のかゆみなどの副作用を引き起こすこともあるので、注意が必要です。

医療機関で薄毛の受診をすると処方されるプロペシアという薬の中には、フィナステリドという成分が含まれています。これは飲み薬です。これにも副作用があります。男性ホルモンを抑える性質の薬なので、それが強く効きすぎて胃の機能が低下したり、性欲減退を引き起こすことがあるのです。

以上のように、市販のものでも医療機関で処方されるものでも、副作用を引き起こす可能性があります。もちろん、市販のものの方が薬効は弱いですが、敏感な人は過剰反応してしまう可能性もありますので、慎重に選ぶことが大切。天然成分で作られた育毛剤もありますので調べてみるといいかもしれません。確実な効果を望む人は、薄毛治療をしてくれる皮膚科を受診して、医師と相談したうえで治療方針を決めると安心です。大した病気ではなく単なる薄毛だから、と、自己判断で投薬すると副作用に悩まされるかもしれませんので、しっかりと医師の指示を守るようにしましょう。