発毛促進剤とシャンプーの切れない関係

発毛促進剤とシャンプーの切っても切れない関係

薄毛が気になりだしたら、発毛促進剤に手が伸びますよね。身近なところで手に入れられる発毛促進剤は、頭皮のケアをする事を大きな目的としており、使用感もさっぱりしていて気分転換にもぴったりです。

ですが、頭皮のケアについて本当に真剣に取り組むのであれば、発毛促進剤だけでは不十分です。まずは、シャンプーで頭皮を清浄した上で、発毛促進剤でさらに殺菌したり、頭皮に栄養や水分を与えることでより高い効果が得られるからです。

では、どのようなシャンプーを選べばよいのかと言うと、必要な油分を落とし過ぎずしっかり頭皮に水分と栄養を与えられる、アミノ酸配合のシャンプーがお勧めです。アミノ酸とは、タンパク質の要素となる重要な有機化合物です。そして、髪の毛の主成分はタンパク質です。タンパク質を補うことで、頭皮や毛髪を強化していくことが期待できます。

シャンプーで頭皮の汚れをしっかり落とし、さっぱりしたところで、頭皮に栄養を与えていきます。頭皮の状態に合わせて、男性ホルモンを抑制する成分が含まれたもの、血行をよくするもの、潤いと栄養を十分に与える、などの効果がある発毛促進剤を使います。そして、指の腹でしっかりと頭皮をマッサージすることで血行をよりよくし、毛髪細胞の分裂を促します。そうすることでようやく髪の毛はきれいに開かれた毛穴から顔を出すことができるのです。

薄毛を改善したければ、発毛促進剤だけを使ってもあまり意味がありません。質のよいシャンプーを使って頭皮を清潔にしたからこそ、発毛促進剤の効果が十分に発揮されます。正しいケアで毛髪の育成を促し、薄毛にさよならしましょう!