毛生え薬の歴史はこんなにも深いんです!

毛生え薬の歴史はこんなにも深いんです!

薄毛や脱毛症は、ストレスフルな現代社会に生きている私たちにとってとても身近な症状ですよね。単なる老化現象と捉える人もいますが、若いうちから生え際が上がってきたり、てっぺんが薄くなるという人、産後髪の量が減る人や、円形脱毛症になる人もいて、やはり心配になるものです。

薄毛は現代社会だからこそ気になるものなのかと言うと、実は深い歴史があるようです。5000年以上前にエジプトでは、カバの糞とワニの脂肪で毛生え薬を作っていたと言われています。そんな古代から髪の毛は若さや健康や美の象徴だったのでしょうね。人間は長い間薄毛や脱毛症と戦い、技術を進化させてきたというわけなのです。

完全にその戦いに勝てるようにはなっていませんが、研究成果は確実に出て、今ではかなり効果の高い毛生え薬が世に出ています。男性ホルモンの抑制をするもの、頭皮の皮脂バランスを整えるもの、血行をよくするもの、など、様々な作用を発揮するものがあります。

また、商品の形態も多岐に渡ります。市販のものでも薬効成分があるかないかで医薬品と医薬部外品に分けられますし、その他、天然成分を主とした毛生え薬もあります。売り方も、店頭で簡単に手に入るものから、通信販売のみで買えるもの、効果が出なかったら返金してくれるものなど、様々あります。

また、皮膚科など医療機関を受診した上で処方してもらう薄毛治療薬も着目されています。これは飲み薬ですが、医師と相談しながら治療を行うので安心感があります。

古くから人間を悩ませてきた薄毛や脱毛症。自分に合う治療法で改善し、若々しい毛髪を再生させたいですね。