薄毛治療薬プロペシアは薬局では買えません

薄毛治療薬プロペシアは薬局では買えません

薄毛や抜け毛に悩む男性はとても多いですよね。そんな方々にお勧めしたいのが、男性ホルモンを抑制する働きがあるフィナステリドを用いた治療。「お医者さんに相談だ」というキャッチフレーズのテレビコマーシャルでも話題を呼んでいるこの薄毛治療は、発毛を切望する男性たちから着目されています。

AGAとも呼ばれるこの薄毛治療は、大概フィナステリドが含まれた飲み薬、プロペシアを処方されます。効果が高い分、副作用もあるため、医療機関を受診し、医師と十分に相談しながら治療を進める必要があります。

フィナステリドは男性ホルモンを抑制して抜け毛を減らすと同時に、毛髪を強く太くする作用もあると言われています。ただし、それだけ男性ホルモンに強く働きかけるため、精子が少なくなったり、性欲が減退するという副作用があります。また、妊娠した女性が使用すると胎児に影響を与える可能性があるため、女性の服用は禁止されています。

重大な病気ではなく、単なる薄毛の治療薬だからと甘く見て、自己判断で飲み方を間違えると、大変な副作用を招く恐れがあります。ですので、まだ日本では市販の許可がおりず、薬局で買うことはできないのです。

表面から頭皮を整えるよりも、内服薬は良くも悪くも、体に大きな作用を及ぼします。早く改善したいからと言って指示よりも多めに飲んではいけません。副作用を増幅させる可能性があるからです。薄毛脱却のためにも、正しい治療方法を遵守しましょう。