妊娠中と産後で違う正しい育毛剤の使用方法

育毛は妊娠中と産後で違います!正しい育毛剤使用法・・・特別伝授!

「妊娠5ヶ月目のある日、シャンプーしていたら抜け毛の多さに気づいた。何故・・・?育毛剤を使って育毛したいけど、妊娠中なのでちょっと不安、育毛剤はどれを選べばいいの・・・?」
 
育毛は妊娠中と産後で違います。それは、妊娠中と産後における体内では、発毛に影響を与えるホルモンの分泌(ホルモンバランス)が深く関わっています。妊娠中と産後では、体内のホルモン分泌(ホルモンバランス)が違います。特に妊娠中においてホルモンバランスが壊れると、胎児の発育に悪影響を与え兼ねません。妊娠中は、ホルモンバランスの関係で急に脱毛したり、または血流の関係で逆に、増毛したします。産後も、やはりホルモンバランス(出産で発毛に影響を与えるホルモンが減少)の関係で、抜け毛が目立つようになります。

男性や妊娠していない女性の方の育毛剤の使用方法は、育毛剤使用の注意事項を守ればあまり問題ないのですが、妊娠中の女性の方の育毛については、妊娠中と産後の正しい育毛剤の使用方法を理解しないと、副作用(リスク)による影響が、身体に現れてきますので、特に注意が必要となります。今回は、妊娠中と産後別に正しい育毛剤の使用方法を、伝授いたします。知らない貴女、必見です。

【妊娠中の育毛剤の使用方法】
・生殖機能に副作用を与えない成分の育毛剤を使用することが肝要です。
・必ず、専門家(医師、薬剤師、育毛の専門カウンセラー)から勧められたもの選びましょう。
【産後の育毛剤の使用方法】
・出産後には、発毛に影響を与えるホルモンが減少しますが、一過性のもですので、先ずは、生活習慣(栄養価の高い食事、適度な運動、充分な睡眠)を整えましょう。
・育毛が促進できる頭皮のケアをしましょう(特に洗髪に使用するシャンプーは、頭皮に刺激を与えないものを選ぶ)。
・自分合った育毛剤を選びましょう(育毛剤選びに不安がある場合は、専門家へ相談することが大切です)。

いかがでしたか?意外と奥が深いでしょ!「たかが育毛剤」と考えていた、妊娠中の貴女、ご納得して頂けたと思います。