発毛剤は何歳から使うのが効果的か

何歳から使うのが有効?発毛剤の効果的な使い方

抜け毛や薄毛は、自覚し始めたころにはある程度進行してしまっています。頭部は一番自分から見えにくいからです。生え際であれば自分でも早めに発見できるかもしれませんが、頭の上部や後ろ側も、気になりますよね。元々髪が細かったり少なかったり、という性質もありますが、早い人では思春期以降に徐々に薄毛になっていきます。

抜け毛や薄毛はなぜ起こるのでしょうか?その原因の多くは頭皮の皮脂だと言われています。ストレスや不規則な生活、バランスの悪い食事、ホルモンバランスの崩れ、などによって頭の皮脂が増え、古くなった頭皮や汗と混ざって固まり、毛穴をふさぐのです。毛髪は、ある一定のサイクルで生え変わりますが、皮脂の固まりが毛穴をふさいでいると、正常に成長することが出来ず、薄毛や細毛になります。これが積み重なり、頭全体が薄くなったり、一部が禿げてしまったりするのです。

では、そうならないためにはいつから対策を練ればよいのでしょか?気になるならば思春期から初めるのがベストだと思います。男性は特に思春期に皮脂の分泌が急激に増えます。この時期から発毛剤で頭皮をマッサージして血行をよくするように心がけるとよいでしょう。思春期はオシャレにも興味が出て整髪料を使い始める人も多いですよね。これをつけたままにしてしまうのが一番最悪です。整髪料の脂とほこりや汗、皮脂が混ざり固まって頭皮についてしまうのです。若いうちからしっかり髪を洗った上で、頭皮を柔らかくより清潔に保つようにすれば、将来の自分の頭髪を守れる可能性が高くなりますよ。