医薬品と医薬部外品の発毛剤の違い

数ある発毛剤の中で医薬品と医薬部外品はどう違うのか?

ドラッグストアや薬局で買い物をしようとする時、医薬品と医薬部外品がありますよね。特に、肌に塗るものや発毛剤で区別されているものを見ると、なんとなく、医薬品は効果が強く、医薬部外品は健康や美容をサポートする補助的なもの、というイメージを持ってしまいますが、明確にはどう違うのでしょうか?

世の中には数多くの発毛剤が売られています。ですが、そのうち日本で医薬品と位置付けられているのは、意外と少ないものです。医薬品とされているのは、医療機関を受診して処方してもらうプロペシアなどの薄毛治療薬と、市販されているものでは大正製薬の「リアップ」シリーズがあります。

それら以外は医薬部外品ということになりますが、じゃあ医薬品と認められていないなら効果がないのかというと、そうではありません。血のにじむような企業努力で研究した結果、有効成分を配合して開発された医薬部外品の発毛剤も沢山あります。医薬品として認められるには膨大な症例と長い年月が必要ですが、新しい成分を使った場合にはなかなか医薬品と分類されるのが難しい場合もあるのです。

また、医薬品と呼ばれるものは、薬効が認められている分、副作用の心配も確認されています。個人の勝手な判断で使用方法を間違えると、重大な副作用を引き起こすことにもなりかねません。医療機関を受診しているならば、医師の指示をしっかり守って服用することが大切ですし、市販のものであれば使用上の注意をよく読んだ上で服用することが重要です。

ちなみに、医薬部外品でも効果が望める分、副作用を引き起こすものはありますので、十分注意が必要です。心配な方は一度皮膚科などの医療機関を受診してみることをお勧めします。