育毛促進剤使用で不妊の都市伝説を解明

巷で噂の都市伝説「育毛剤使用で不妊?」の謎に迫ります!

「最近、主人が育毛剤を使い始めたが、どこかで、不妊になることを耳にした。子供を授かりたいが、大丈夫かしら・・・?」
「最近、頭の髪が寂しくなったぞ!育毛剤を使いたいが、どこかで、不妊になることを耳にした。俺のカミサンに影響出ないかな・・・?」

育毛促進剤使用で不妊という「都市伝説」の「噂」を信じた、間違った認識をお持ちの方がいらっしゃいます。育毛促進剤を使っても大丈夫。それは、「都市伝説」の「噂」による誤解です。育毛促進剤の多くは、頭皮や頭髪に塗布タイプのもが主流です。直接、頭皮に塗布する訳ですので、育毛剤の成分が頭皮から血液の中に入り込みます。しかし、その量は極めて僅かであり、身体の臓器に影響を与えることはありません。育毛剤の中には、飲用するタイプものもあり、その主成分によっては、生殖器官や生殖機能に悪影響を与えるものもあります。しかし、医薬品として認可されたものであり、使用量を守れば生殖器官や生殖機能に悪影響を与えることはありませんし、妊娠された女性の方への使用は、当然、禁止されています。また、女性の方専用に開発された育毛剤であれば、なお更、不妊への影響はありません。

どうでしたか?知っておけば心配ナシ!子供を授かりたいご夫婦の方は、これから、妊娠を経て出産されるわけです。育毛も大切ですが、妊娠中や産後のための、健康管理に重点を置かれてみられてはいかがでしょうか?